パソコン

もしかして神マウス見つけちゃった!?「Logicool G502HERO」をレビュー

あけましておめでとうございます。るまっぺです。

2022年は特に目標というものはないんだがとりあいず現状維持を目指していきたいと思う。だが昨年はブログの記事数がめちゃめちゃ少なくなってしまったので今年はその反省点も活かしつつ更新頻度を上げていきたいと思う。

ということで完璧にブログの書き方を忘れてしまったのだが今回はLogicoolから発売されているワイヤレスマウス「G502HERO」を紹介していきたいと思う。

ぜひ最後まで読んでいただけると僕のモチベが上がるので読んでほしい。

使っていたマウスがぶっ壊れた

なぜ今回ゲーミングマウスを買ったのかというと一番の要因は今まで使っていたマウスがぶっ壊れたということだ。

有線マウスなら3個くらい持っているんだがもうワイヤレスに慣れてしまった体なので有線なんかに戻れない。なので今回はワイヤレスマウスを買うべく秋葉原に買いに行ったというわけだ。

といいつつ実は今まで一度もゲーミングマウスというものは使ったことがなくゲームをするにしても上の写真にあるELECOMの事務用マウスを使っていた。まぁいい機会なのでゲームもするからゲーミングマウスにした。

そして今回選んだマウスの条件は下記だ。

・ゲーミングマウス(ゲームができるマウス)
・なるべくボタン数が多いやつ
・価格は1万円くらいまで
・ワイヤレスマウス
・ASUS製かLogicool製のどっちか

これを条件として秋葉原に行った。まぁ気になった人も多いと思うがなぜメーカーをASUSとLogicoolに絞ったのかと言うと僕が今持っているデバイスはほとんどがASUS製かLogicool製しかない。

なので、デバイス管理ソフトを入れたときに色々とあったら面倒くさいのでなるべく同じメーカーに統一したかったという理由だ。

G502HEROの外見とスペック

まずは、G502HEROの外見とスペックについて見ていきたいと思う。

G502の本体と付属品

G502HEROの付属品は重さを変えられる重りとレシーバー。そしてマウス本体を充電するためのまいくろUSBが付属している。

僕はあまり感じないのだがプロになると1gまでマウスの重さにこだわるらしいので始めてみたときは"おぉ"と思った。

そしてレシーバーとレシーバーを延長するUSBがあって付属品は豪華だ。

G502HEROの詳細なスペック

G502HEROの詳細なスペックは下記。

センサーHERO
解像度100~16,000dpi
最大加速40G
最大スピード400IPS
オンボードメモリプロファイル×5
LIGHTSYNC RGBゾーン×1
USBデータフォーマット16ビット/軸
USBレポートレート1000Hz(1ms)
マイクロプロセッサ32ビットARM

マウスの速度(解像度の表現)を表すDPIは100~16000と幅広い。またオンボードメモリを搭載しているので自分の好みの設定を保存することができる。

またボタン数も多くその耐久性もさすがゲーミングマウスというだけ5000万回(理論値)まで耐えられる仕様なので気軽なく利用することができ便利だ。

ただし一つ欠点なのが最近汎用になってきたUSB-Cではなく壊れやすいMicroUSBを採用しているのが一つ難ありというところだと思う。やっぱり壊れにくくて使いやすいUSB-Cを搭載してほしかった。

ボタン数がとっても多い

G502HEROのいいところはボタン数が多いと思うところだ。そこでボタンの役割を解説していきたいと思う。

正面ボタンの役割

背面ボタンの役割を解説していきたいと思う。

まず白い四角で囲った部分だ。これはマウスのDPI速度を変更するボタンでゲーム中や作業中でも即座にDPI速度を変更することができるので便利だ。

次に紫色の四角のところだがこれはホイールの速度を変える役割がある。なので素早くサイトを見たいときとかに変更するとすぐにヘッダー部分にまでいけて地味に便利な機能である。(ただし僕は使っていないけど)

そして青色の四角はマウスの充電量を表示するところだ。左側に3本光っているところがあるが青いボタンを押すとそこに残りの充電容量を本数で示してくれる。便利だ。

側面ボタンは何に使うの?

続いて側面ボタンだがこれは、普通のマウスと同様に前に進むボタンと戻るボタンが有る。もう一つのはなんにも配置されていないのでゲームをするときなど適当にアクションを追加することができる。

ちなみに側面の下のちょっとした出っ張りがあると思うがそこを開けるとマウスの重さを変更する穴がある。

Logicoolの純正ソフト「G HUB」が優秀

Logicoolの純正ソフトのG HUBがかなり優秀だ。

これがG HUBのマウス設定画面なのだがDPI速度をかなり細かく編集することができる。

自分の好みにあったDPI速度にすることが可能で50単位で変更することができるのでめちゃめちゃ便利だと感じた。

その他にもライトアップはどのようにするのかやどこを光らすのかなど事細かに設定することができるのでGHUBはめちゃめちゃ優秀だと思った。

G502HEROのだめなところ

最後にG502のだめなところを書いていきたいと思う。詳細は下記。

・MicroUSB端子であること
・重量級のマウスなので軽いマウスを求めている人には向かない
・DPIのボタンを左クリックボタンと近いので間違えて押す。
・マウスホイールの速度の中間がほしい。(極端)

これが僕が思うG502HEROの欠点だと思う。特にDPIボタンと左クリックボタンがめちゃくそ近いので間違えやすく誤爆してしまうという事件が何度も発生した。

あとは何回も行っているが壊れにくくて使いやすいUSB-Cをを搭載してほしかった。

だが意外と欠点がないくらい洗練されたマウスなのでぜひ買ってみてはどうだろうか?おすすめだ。

 

おすすめ記事

2022/11/23

ゲーム実況者を目指すから画面録画の方法を模索する

最近YouTubeでゲーム実況が流行っていますよね。 僕も一発ゲーム実況者になって一発当ててやろうかなと考えて見ました!(嘘です) そこで、もし僕がゲーム実況者になったらどうやって画面を録画するのか?を考えたので紹介していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 目次1 画面録画をするには?2 ソフト上で画面を録画する方法3 ソフトの使い方を解説する3.1 まずはソフトをダウンロード3.2 ソフトを使ってみよう4 機能を紹介する4.1 ウェブカメラの録画にも対応4.2 ゲーマにも最適な ...

ReadMore

2022/11/16

【最悪】パソコンが壊れたからバックアップ案を考える

みなさんのパソコンにも重要書類や大切なデータが含まれてますよね。 まぁ僕もあるわけなんですが、先日パソコンがぶっ壊れたんですよ。正確にはHDDが認識しなくなったという最悪の事態です。 僕の性格上バックアップなんて取ってなかったので銀行口座のパスワードなどが無くなってしまいました。なので、今後も同じようなミスをしないためバックアップ案を考えます。 目次1 結論:重要なデータは別の媒体にコピーする2 パーティションをバックアップする方法2.1 ダウンロードする方法2.2 日本語化をしよう3 パーティションをバ ...

ReadMore

2022/11/4

痔になったならU字型のクッションをオススメする理由

こんにちは。るまっぺです。 最近の悩みは「痔」です。あんまりブログでヘルス記事を書くのはSEO的に良くないんだけれども辛いので書いていきたいと思います。 痔になったらクッションが必要。なんだけど、種類が色々ありすぎてわからない人が多いと思うので、今回はU字型のクッションが最もオススメな理由を書いていきます。 目次1 前提:僕の場合は痔が重くなった「痔瘻」2 U字クッションをおすすめする理由2.1 U字型なので自由自在に座れる2.2 圧力が尻にこなくサイズをあまり気にしなくてもOK3 結局なにも無いノーマル ...

ReadMore

2022/10/30

【NovelAIレビュー】今話題のAIが絵を書いてくれるツールを使ってみた。

最近ツイッターやピクシブとかでよく見るAIが書いた絵がありますよね。賛否がとっても分かれるんでが、技術の進歩だなーとひしひしと感じてしまいますw そこで、自称パソコンオタク兼ブロガーの僕がこのビッグウェーブを体験しないのはもったいないと感じたので実際に使ってみました。 使ってみた感想と今後についてレビューします。それでは、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 目次1 NovelAIとはそもそもなんぞ?2 NovelAIを実際に使ってみた2.1 絵を生成するには課金が必要2.2 課金したら「呪文」を書くだ ...

ReadMore

2022/10/16

【いらない】iPhone14を限界まで悩んで購入するのをやめた理由

こんにちは。るまっぺです。 先日、iPhone14が発表されましたね。内容としてはやはり前世代と比べてほとんど変わっていないというのが僕の中の結論です。 しかし、僕の場合iPhone11を利用しているのでバッテリーが死んできているのでiPhone14をかなり検討したのですが見送るという結果になりました。 今回は、なぜ購入を見送ったのか?そしてiPhone14がいらない理由を解説していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 目次1 「何も変わっていない」ものに15万円は払えない2 「何 ...

ReadMore

-パソコン